勧誘の断り方

勧誘の断り方

「脱毛サロンで強引な勧誘の結果、高額のローンを組まされた」、という被害が昔はかなり頻繁にあった、といっていいと思います。

 

脱毛に限らず、化粧品や美顔器などの被害もあったのですが、社会問題にもなったことから、今ではほとんど全ての脱毛サロンが「勧誘なし」を宣伝文句にしています。

 

でも本当に勧誘はないのでしょうか。個人的な経験からいうと、確かに「契約しないと部屋から出さないわよ」的なプレッシャーはなかったものの、「プラン紹介」と称した勧誘は随時ありました。

 

勧誘と感じるかどうかに個人差はあると思いますが……。あちらも商売なので、安いキャンペーンだけでやめられてしまっては、ということもあるのでしょう。

 

エステ側が勧誘なしといっている以上、はっきりと「今は結構です」「考えておきます」NOを言えば、それが1番良い断り方です。

 

アフターケア用のコスメ等については「肌が弱いので」といった理由も使えます。1人で心細い時にはしっかりした性格の友人や身内と通うのもおすすめです。

 

「今日契約すれば割引」「入会金なし」などといって勧められることもよくありますが、迷うような素振りを見せず、きっぱり断ることが大事です。

 

勧誘の度合いは口コミでも取り上げられているので事前にチェックしておくのもいいでしょう。