VIO脱毛が恥ずかしい

VIO脱毛が恥ずかしい

こんなに楽ちんで快適なのに、友だちに進めても「恥ずかしいからヤダ」といわれてしまうVIO脱毛。確かに私も初回は「きゃ?」って気分になりましたが、はっきりいって2回目からは全く何も思いませんでした。月並みですが、本当に慣れですよ。慣れてしまうと、VIOが恥ずかしいならワキだって恥ずかしいじゃんね、って思ってしまうくらいです。
第1にVIOは全部やってもそんなに広い範囲ではないので、結構あっというまに終わります。両ワキよりは体勢をかえたりする分時間がかかりますが、エステティシャンも慣れたもので、気持ちいいくらいテキパキ施術してくれ、いざ始まってしまえば恥ずかしいと思う暇もないくらい。

 

VIO脱毛

 

もちろんタオルもかけてくれますし、フラッシュから目を守るために、目もサングラスやアイマスク、タオルなどで隠します。1番心配している人が多いと思われるIラインも、ガバッと脚を広げるようなことはなく、片方ずつ立て膝を倒したような格好でやります。

 

私の行っていたサロンでは紙ショーツを一応用意してくれていましたが、4回目の施術くらいからは断ってしまいました。それくらい恥ずかしいのは最初だけなんです。ただ慣れすぎて、前の日にお風呂に入らない、なんていうのはマナー違反ですよ。気持ちよく施術してもらうために、清潔にはしておきましょうね。